DALEMO

会員登録なしで使える! 日本最大級のスキー・スノボのゲレンデ割引クーポンサイト!

ゲレンデ日記投稿

ゲレンデ日記 総数 3517 件

1日ライター「ポニ」さんからレポートをいただきました
1日ライター
1日ライター

1日ライター

1日ライター

1日ライター「ポニ」さんからレポートをいただきました

REWILD NINJASNOW HIGHLAND(リワイルド ニンジャ スノー ハイランド)

2024年1月27日(土)晴れ      

午前9時に到着。
ゲレンデコンデョションはメンテナンス良く最高でした。
午前10時前まではリフト待ちなく乗ることができました。
その後は正午ごろまで並ぶ状況でしたが、午後には再びスイスイ乗れました。

菅平よりも標高が高いので雪質が良いです。
今シーズンは例年の1月下旬と比べ、雪が少なかったです。
リフト2本なのですが、地形をうまく活用して多彩なコースを楽しむことができます。
特に、他ではあまりない「すり鉢状」になったコースがあり、スキーでもハーフパイプのような滑り方を楽しめます。
迷子にならないレイアウトなのもファミリーや仲間と滑るのに、はぐれることなく安心です。

食事ができる施設は2か所ありますが、1か所は午前11時までクローズでした。
豚丼をいただきましたが、とても美味しかったです。生ビール500円はうれしい価格でした。
ブーツを脱いで休むことができる休憩所ができていました。
懐かしい曲を流してくださっていて、リフト上での会話が弾みました。

昨今のスキー場のリフト券高騰に比べると低い価格設定ですが、リフト2本というコンパクトさからすると割高に感じてしまうリフト券の設定です。

1日券にはシニア券(60才以上)・グランドシニア券(70才以上)の設定がありますが、半日券には未設定なので、長い時間滑ることのないシニア・グランドシニアにとっては残念です。
午後券+午前券のセット(土曜の午後と日曜の午前)があるとペンション宿泊者にはうれしいと思います。

一度訪れると魅力を感じてリピーターになるスキー場だと思いますが、土日しか営業していなく、リフト2本、割高感があるリフト券となると新規の来客を呼び込むのが難しいと思われます。
東京や上田からのバス便がないのも痛手だと思います。

スキー場周辺の個性的で魅力的なペンションのオーナーと協力して、集客の抜本的なテコ入れが必要な時期だと思いました。

2024/01/29

撮影場所:REWILD NINJASNOW HIGHLAND(リワイルド ニンジャ スノー ハイランド) 撮影日:2024/01/27  テーマ:ゲレンデの様子  閲覧者:73人

0

  • ツイート
  • フェイスブックいいね!
  • LINEで送る